広々とした駐車場

家の傷み

駐車場

リフォームを考えるタイミングとは、各家庭によって大きく異なってくるところがあると言えます。見た目などから住宅の傷みを感じ取ることで、それぞれ判断していきましょう。

Read More

安心価格

駐車場

水廻りコーティングが人気となっていますが、どうしても気になるのが施工費用です。業者へ相談すれば家庭に負担をかけない程度の料金で便利なコーティングを利用することが可能です。

Read More

自宅の水回り

駐車場

住宅を利用する上で非常に重要になってくる部分としては、水回りの状態が良好かどうかにかかっていると言えます。自宅の水回りの状態を大きく見直すことが重要だと言えるのです。

Read More

窓ガラスの利用

駐車場

自宅の窓ガラスの状態を大きく改善させていくことで、より良い家の見た目やセキュリティの発展を行っていくことがあると言えます。そのため、それぞれ判断していくことが重要なのです。

Read More

車庫をつくる

駐車場

ビルトインガレージとはあらかじめ住宅の計画段階から車庫が住宅内部に組み込まれたものを指します。 室内にあるために外部から侵されて傷つけられる心配もなく、雨ざらしになることもないので車にとっては保護され傷みも少なくなるものです。背面に比べて開口部が大きくなるものでそれなりの耐震壁等の対策も必要になります。 車2台を横に並べる場合と縦に入れる場合があります。車庫だけ平屋の場合と家屋に組み込んで3階建てとし、2階部分と3階部分を居住用に使うという場合もあります。 電動シャターやリモコンスイッチを使ったり、内装において不燃材を使ったり排煙装置を付けたり、防水や耐油性の床にする、あるいはオートバイに凝ってガラス貼りのショールームのようにすると結構費用がかかるものです。それに固定資産税も意外と高くなります。

過去にはビルトインガレージという発想自体が存在しませんでした。敷地に余裕があればそこに土間コンクリートを打って車を止める場所にするとか、アルミ製のカーポートを設けるなどの方法が取られて来ました。 資金に余裕があれば道路へ直接出られるように屋根付きの車庫を設けることがありました。しかし雨が降るときには家の中へ入るまで雨の中を歩く必要がありました。 場所や環境によっては防犯意識も高まってきてビルトインガレージの考え方も広まって来ました。リモコンがあれば車内からもガレージの中へ侵入することができますし、雨に濡れる心配もありません。盗難にあったりすることもなくその点安心できます。 アメリカではコンピュータやITの創業者達は多くこのビルトインガレージで研究や実験、製作を行っていたとされています。